INTERVIEW 06

OAG税理士法人 マネジメント・ソリューション部 マネジャー 税理士

新しいことの連続で刺激的な毎日。自分の想いにチャレンジできるフィールドは無限大です。

毎日が刺激に満ちた新しいことの連続

私は組織再編や事業承継案件、金融機関からの問い合わせ対応等、幅広い業務にあたっています。それに加えて、法人顧問業務や、ときには相続税申告も取り扱っています。

部署として事業再生やSPC、公益財団を絡めたコンサルティング業務等も行っており他部署から依頼されるような高度な業務に触れる機会が多くあります。

このように様々な業務に携わるということは、もちろんお客様のニーズも様々。
毎日新しいことの連続で、慣れることはありません。
自分の中で「これはわかる!」という感覚は未だに全然なく、毎日のように調べ物をしながら業務に臨んでいますが
それがまた刺激的ですし、周囲からもたくさん意見をもらえるので、緊張感を持って楽しみながら新しいものにチャレンジすることができます。

専門性を高めてお客様と真摯に向き合う

税理士法人の業務というと、申告書や提案書を作ったりという数字だけの仕事と思われがち。
ですが、一番大切なことはお客様一人一人と向き合うことです。
大切なお客様の会社や資産を扱う仕事であり、それらを自分に任せてもらえるということなので、扱う業務の種類を問わず、お客様の要望をお伺いし、何を求めていてどうすれば解決できるかという部分に真摯に向き合い続けることを心掛けています。

もちろん、任せて頂くにはそれに見合った信頼を得ることができないといけません。
そのためには自分の専門性を高めて、プロフェッショナルとしてお客様と接する必要があります。
その部分は常に気を付けていますし、わからないことがあってもOAGには知識の豊富な方々がたくさんいますので
そういったグループの特色をうまく活かしながら今後も業務にあたっていきたいと思っています。

自分で手を挙げればチャンスは無限大

私は入社当時資産税部に配属されて、4年経った頃に社内で事業承継支援チームが立ち上がった時、自分から手を挙げて異動しました。
そこからそれまでの業務と仕事の内容は一変、更に事業承継支援チームが現在のマネジメント・ソリューション部となり
更に幅広い、そしてレベルの高いスポット案件を扱うことができるようになりました。

自分で手を挙げればいくらでもチャレンジさせてくれる環境、雰囲気があるということは本当に良いことだと思います。

現在の大きすぎず小さすぎずという規模感も、様々な規模の案件に携わるチャンスを生み出していますので種類問わず「やってみたいな」という想いがある方には、魅力的な環境だと思います。
実際色々なことをやってみないと、自分に本当に向いている仕事が何なのか、本当にやりたい仕事は何なのかはわかりません。
色々な仕事をやってみたい、という方はぜひOAGで働いてみてほしいと思います。