ロゴロゴ

補助金額は100万円~1億円!!

「事業再構築補助金」の
概要と申請ポイントを公開

サービスについてすぐに相談したい

コロナを機に思い切って
補助金を活用した事業再構築をしよう!

イラスト1

補助金額は100万円~1億円!!

事業再構築補助金の補助金額は、1社100万円~1億円という大型の補助金となります。
助成率も3分の2となることから、コロナを経て新規事業に着手したい、現在の店舗販売からECサイトなどネット販売に転換したいと検討されていた方は、ぜひ補助金の申請をされることをおススメします。

イラスト2

OAGグループが「認定支援機関」としてサポート

事業再構築補助金は、認定支援機関と一緒に事業計画書を作成する必要があり、3,000万円以上の申請の場合はさらに金融機関の参画が必要となります。
OAGグループは、OAG税理士法人および株式会社OAGコンサルティングが認定支援機関に認定されていますので、お客様の申請を最後までサポートさせていただきます。

補助金申請の3つのポイント

イラスト3

業績状況を確認

コロナ以前より売上高10%以上Down

申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中堅・中小企業が対象となる

イラスト4

事業計画+実行

事業計画の策定&事業再構築

自社の強みや事業環境、事業再構築の必要性を整理したうえで、経済産業省が示す「事業再構築指針」に沿った事業計画書を認定支援機関と一緒に策定し、交付決定後1年程度で実行する

イラスト5

事業成長+報告

付加価値額が年率3.0%以上増加

補助事業終了後3〜5年で付加価値額の年率3.0%以上増加、または従業員一人あたり付加価値額の年率平均3.0%以上増加の達成を図る
※特別枠の場合、利率は5.0%以上かつ返還要件あり

補助条件

補助額・補助率
対象枠 補助額 補助率
通常枠 100万円~6,000万円 2/3
卒業枠 6,000万円超~1億円 2/3
卒業枠とは

400社限定
事業計画期間内に、①組織再編、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれかにより、資本金又は従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長する事業者向けの特別枠

緊急事態宣言特別枠
従業員 補助額 補助率
5人以下 100万円~500万円 中小企業
3/4
6~20人 100万円~1,000万円
21人以上 100万円~1,500万円

※1 令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者

※2 ※1および通常枠の申請要件を満たした場合は、地域・業種を問わない
→通常枠の審査時に加点措置or補助率を引き下げた特別枠あり

補助金の活用例
事業再構築補助金の具体的な活用例をご紹介します。

業態転換
居酒屋からオンライン販売へ

居酒屋を経営していたところコロナの影響で売上が減少した。店舗での営業を廃止して オンライン専用の弁当宅配事業を開始。

【補助経費の例】・店舗縮小による建物改修の費用/機器導入の費用・広告宣伝の費用
新分野展開
介護サービスをやめて新規ビジネスを展開

介護サービス事業を運営していたところコロナの影響で利用が減少した。介護サービス事業を他社へ譲渡し、別の企業を買収し、病院向けの給食、事務等の受託サービス事業を開始

【補助経費の例】・業態変更に伴う建物改修の費用/機器導入費用・研修の費用など

FAQ

Q1
採択される想定の社数はどのくらいですか?
A1
「事務局募集要領」の記載内容から55,000件ほどを想定。
Q2
申請期間はいつなのか。いつまで続くのか。
A2
第1回の申請は2021年3月の1ヶ月間のみの予定。今後複数回の申請期間が設けられる見込み。事業再構築補助金は、1年に限定した補助金の予定。
Q3
コンサルティング会社等に申請を代行してもらうことは可能か
A3

事業者自身での申請が必須であり、事業計画の作成や実行には責任をもつ必要があるとされている。認定支援機関は、一緒に考えながら事業計画書の作成等を支援する役割を担う。

Q4
2つの事業を新規に始める予定の場合、どのように申請したらよいか
A4
事業再構築補助金の採択は1度のみのため、事業計画書の中で複数の計画を記載してください。
Q5
既に事業再構築を行って支出した費用は補助対象となるのか
A5
補助事業の着手は(購入契約の締結等)は、原則として交付決定。事前着手制度の利用も可。
Q6
事前にやっておくとよい準備はあるか
A6
今回の申請は、電子申請のみとなるためIDの取得など準備が必要。 GビズIDプライムアカウントの発行2~3週間を要するため早めの申請がおススメです。
また事業計画や自社の強み・弱みの創出は時間がかかるためこちらも早めの着手をおススメします。

コロナを機に思い切って
補助金を活用した事業再構築をしよう!

イラスト1

補助金額は100万円~1億円!!

事業再構築補助金の補助金額は、1社100万円~1億円という大型の補助金となります。
助成率も3分の2となることから、コロナを経て新規事業に着手したい、現在の店舗販売からECサイトなどネット販売に転換したいと検討されていた方は、ぜひ補助金の申請をされることをおススメします。

イラスト2

OAGグループが「認定支援機関」としてサポート

事業再構築補助金は、認定支援機関と一緒に事業計画書を作成する必要があり、3,000万円以上の申請の場合はさらに金融機関の参画が必要となります。
OAGグループは、OAG税理士法人および株式会社OAGコンサルティングが認定支援機関に認定されていますので、お客様の申請を最後までサポートさせていただきます。

補助金申請の3つのポイント

イラスト3

業績状況を確認

コロナ以前より売上高10%以上Down

申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中堅・中小企業が対象となる

イラスト4

事業計画+実行

事業計画の策定&事業再構築

自社の強みや事業環境、事業再構築の必要性を整理したうえで、経済産業省が示す「事業再構築指針」に沿った事業計画書を認定支援機関と一緒に策定し、交付決定後1年程度で実行する

イラスト5

事業成長+報告

付加価値額が年率3.0%以上増加

補助事業終了後3〜5年で付加価値額の年率3.0%以上増加、または従業員一人あたり付加価値額の年率平均3.0%以上増加の達成を図る
※特別枠の場合、利率は5.0%以上かつ返還要件あり

補助条件

補助額・補助率
対象枠 補助額 補助率
通常枠 100万円~8,000万円 1/2
4,000万円超は1/3
グローバルV字回復枠 8,000万円超~1億円 1/2
卒業枠とは

100社限定
※次の要件をすべて満たす中堅企業の特別枠

  • ① 直前6か月間のうち任意の3か月の合計売上高がコロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して、15%以上減少している中堅企業
  • ② 補助事業終了後3~5年で付加価値額又は従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加の達成を見込む事業計画を策定すること
  • ③ グローバル展開を果たす事業であること
緊急事態宣言特別枠
従業員 補助額 補助率
5人以下 100万円~500万円 中堅企業
3/4
6~20人 100万円~1,000万円
21人以上 100万円~1,500万円

※1 令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者

※2 ※1および通常枠の申請要件を満たした場合は、地域・業種を問わない
→通常枠の審査時に加点措置or補助率を引き下げた特別枠あり

補助金の活用例
事業再構築補助金の具体的な活用例をご紹介します。

業態転換
居酒屋からオンライン販売へ

居酒屋を経営していたところコロナの影響で売上が減少した。店舗での営業を廃止して オンライン専用の弁当宅配事業を開始。

【補助経費の例】・店舗縮小による建物改修の費用/機器導入の費用・広告宣伝の費用
新分野展開
介護サービスをやめて新規ビジネスを展開

介護サービス事業を運営していたところコロナの影響で利用が減少した。介護サービス事業を他社へ譲渡し、別の企業を買収し、病院向けの給食、事務等の受託サービス事業を開始

【補助経費の例】・業態変更に伴う建物改修の費用/機器導入費用・研修の費用など

FAQ

Q1
採択される想定の社数はどのくらいですか?
A1
「事務局募集要領」の記載内容から55,000件ほどを想定。
Q2
申請期間はいつなのか。いつまで続くのか。
A2
第1回の申請は2021年3月の1ヶ月間のみの予定。今後複数回の申請期間が設けられる見込み。事業再構築補助金は、1年に限定した補助金の予定。
Q3
コンサルティング会社等に申請を代行してもらうことは可能か
A3

事業者自身での申請が必須であり、事業計画の作成や実行には責任をもつ必要があるとされている。認定支援機関は、一緒に考えながら事業計画書の作成等を支援する役割を担う。

Q4
2つの事業を新規に始める予定の場合、どのように申請したらよいか
A4
事業再構築補助金の採択は1度のみのため、事業計画書の中で複数の計画を記載してください。
Q5
既に事業再構築を行って支出した費用は補助対象となるのか
A5
補助事業の着手は(購入契約の締結等)は、原則として交付決定。事前着手制度の利用も可。
Q6
事前にやっておくとよい準備はあるか
A6
今回の申請は、電子申請のみとなるためIDの取得など準備が必要。 GビズIDプライムアカウントの発行2~3週間を要するため早めの申請がおススメです。
また事業計画や自社の強み・弱みの創出は時間がかかるためこちらも早めの着手をおススメします。

CONTACT

OAGグループは、皆様と共に考え共に成長する
ベストパートナーです。
お気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー

お問い合わせはこちら
サービスについてすぐに相談したい
サービスについてすぐに相談したい top